電気製品を自作したい!そんな時に必要なものとは


電気製品を自作するなら設計図を書いてみよう

扇風機や電子レンジなど様々な電気製品がありますが、自作に挑戦したい方もいると思います。現に、今ある電化製品は必ず最初に考案した人がいるのです。そんな電気製品は自作するには電気に関する知識はもちろん、中には国家資格が必要になることもあります。また、電気製品には漏電やショートなどの危険が伴います。なので自作にあたっては必ず設計図を書くようにしましょう。設計図を書くことでどのように配線を組むべきか、ハンダ付けの必要箇所や過電流が流れた際にどうやって電気を逃がすかなどの設計が目で見て取れるのは重要です。設計図を作ることでリスクを減らし、実際に制作する時に必要なパーツや工数などの計画が立てやすくなります。

電気製品自作に知っておきたいこと

電気製品を自作するなら必要なパーツを調達しなければなりません。でも、そうしたパーツはどこで取り扱っているのでしょう。実は自作用のパーツはプラモデルを取り扱っている店などで販売していることがあります。電球を入れるソケットやハンダなどの製品だけでなく、トランジスタや電流計など専門的なパーツが売っています。こうしたパーツを組み合わせることで電気製品を自作することが可能です。ただ、どうしても欲しいパーツが手に入らないというのであれば既存の電気製品を解体してそこからパーツを取るという方法もあります。解体する時はパーツを破壊しないように注意しつつ、静電気によるショートも考えられるので取扱には気をつけましょう。

量産がしやすいプリント基板実装製品なら、製品の質を落とさずに単価を下げて市場に商品を卸すことができます。