太陽の恵みで快適に暮らす!太陽光発電のメリットを学ぼう!


小規模な設備でも電力を賄えるのが利点

太陽光発電は従来の発電システムとは仕組みが大きく異なります。専用のソーラーパネルに日光が当たることで電気エネルギーが作られて送電されるのが基本的な仕組みです。ソーラーパネルと変電設備があれば使用できるので、狭い敷地でも発電用の設備を置くことができます。建物の屋根や壁にソーラーパネルを設置することができるのも利点の一つです。また、設備の小型化によって個別に発電することも可能になっています。そのため、大掛かりな送電設備を使う必要がありません。山奥や離島など電線を敷設するのが困難な地域でも太陽光発電の設備を導入することで電力を賄うことができます。石油燃料で動かす発電機のように有害な排気ガスが発生することも無いので、地域の環境保全にも効果的です。

個人での導入も可能だがデメリットもある

太陽光発電は設備の規模が小さいことから個人での導入も可能です。マイホームの屋根や庭にソーラーパネルを置けば、それだけで家庭用の電力を得ることができます。環境に優しいエコロジー発電ができる太陽光発電ですが、その一方で発電効率が天候に左右される点を注意しなければいけません。太陽が雲で遮られると発電量は大きく低下する他、ソーラーパネルに汚れや雪が付着しても必要な電力を得られなくなります。また、経年劣化で設備の性能が低下しても発電効率は落ちてしまうので、安定した電力の供給を実現するにはこまめな点検や部品の交換が不可欠です。地域の環境によっては却ってコストが嵩むこともあるので、太陽光発電を導入する際は十分に注意する必要があります。

太陽光発電の価格はソーラーパネルを敷き詰める面積によって変わります。面積をコンパクトに設計すれば、充分個人のポケットマネーでも捻出出来る価格帯に落ち着きます。