タクシー運転手になろう!タクシー運転手に向いているのはこんな人


車や運転するのが大好き

タクシー運転手の商売道具と言えば車です。車が大好きであれば、毎日の仕事が楽しくなります。また、車が好きならば、車内の掃除や、日常点検もマメにチェックします。タクシーを常に清潔にするということは、自分自身だけでなく、お客さんに気持ち良く車に乗ってもらうために大切なことです。また、タクシー運転手は1日中車を運転することになるので、運転するのが怖い、大嫌いという人はタクシー運転手の業務が苦行になってしまいます。運転が好きということが大切です。

コミュニケーションをとるのが好き

タクシー運転手の仕事は車を運転するだけではありません。お客さんを乗せていない時は孤独かもしれませんが、タクシーを利用するお客さんとはしっかりとコミュニケーションをとらなければならないのです。相手の心情や空気を読み、相手を快くさせる対応ができる人は、タクシー運転手に向いているでしょう。黙々と仕事したい、知らない人と長時間同じ車内で過ごしたくないという人は、トラック運転手の方が向いている可能性があります。

真面目でやる気がある

タクシーの給与体系で主流なのは、基本給+歩合制です。お客さんを乗せれば乗せるほど、収入がアップしていくのです。意外と自由時間が多いタクシー運転手の仕事では、休憩時間を多くとったり、さぼっていたりすると、給料が激減してしまいます。真面目な人は、どうすればもっと稼げるのか一生懸命考えますし、誰も見ていない所でもしっかりと仕事をします。どこに行けばお客さんがいるのか考え、様々な道を熟知し、効率良く仕事をするでしょう。不真面目でやる気がない人は、同じルートを走っているだけで満足し、タクシー運転手として成長することはありません。

まずは運転免許を持っている事が前提となり、役員が乗る車の特性を理解している事が、役員運転手に求められる資質です。